ダイエット ゆる痩せ

ダイエットが続かない?痩せたい人が続くダイエット法「ゆる痩せ」をご紹介

激しい運動や断食を行っても3日坊主になりがち。なかなか10㎏体重を落とすのは簡単なことではありません。少ししか痩せれず継続的なダイエットが難しい方に是非おススメしたいのが「続けられるダイエット」です。少しの工夫を積み重ねることで体重減!その「心がけ」をご紹介します。

継続できるダイエット法:ベジタブルファースト

ダイエット ゆる痩せ

野菜を一番初めに口にすることをベジタブルファーストといいます。ラーメン、パスタ、パン、丼モノなどの主食はほとんどが炭水化物のため、そういった食事を中心に食事を済ませてしまうのは太っている人の特徴ともいえるでしょう。

これでは、たとえカロリーを抑えていたとしても、栄養バランスは良くないですし急激な血糖値の上昇に繋がり代謝が落ちてしまいます。たくさんの野菜を摂取することを習慣の一つとしていきましょう。そうすることで、咀嚼回数が増え、視覚的ボリュームを大きく見せる効果により、高い満腹効果を得ることができます。

栄養のバランスも良くなるので体質に変化が期待できますよ。

継続できるダイエット法:プチ筋トレで筋力&代謝アップ

ダイエット ゆる痩せ

年齢とともに痩せにくくなってしまう理由の一つとして筋肉量の低下があります。意識的に筋トレをしていなければ年齢を重ねるごとに筋肉量は年々低下していってしまいます。しかしスポーツジムなどはもちろん無料ではないですし時間も必要とすることからなかなか継続できない人が多いのも事実です。

そこでおススメさせていただきたいのが日々の空いた時間を利用して筋トレを習慣化することです。

買い物中にできるプチ筋トレ

例えば、買い物の際に買い物袋を持つとき、肘を支点にして荷物の上げ下げをして二の腕の筋肉を鍛えてみたりすると、引き締めの効果が期待できます。

その他にも下半身の筋力アップを狙うためエレベーターを使うのをやめて階段を利用したり、家事を行うときにできるだけお尻をキュッと閉めてお尻の筋力を鍛えたり、洋式トイレで空気イスをして前ももの筋力を鍛えたりなど、日常生活のなかでも意識さえ向ければ筋トレをできるチャンスはたくさんあります。

「ジムに行かないと…」といった憂鬱な気持ちもなく、簡単にトレーニングできるのはメリットといえるでしょう。日常生活の中からも代謝のいい身体づくりを目指していきましょう。

継続できるダイエット法:ダイエット用のお菓子をストック

ダイエット ゆる痩せ

お菓子を食べることでちょっとしたリラックス効果を得ることで暴食の防止にも繋がるお菓子。ダイエットの大敵と思われる人も多いと思います。もちろん食べすぎはよくありませんので食べる量の制限はきっちり行いましょう。

1日200キロカロリー以内が1日の適量とされており、適量さえ守れば何を食べてもOK。200キロカロリーでも満足できるようにお菓子選びは工夫していきましょう。スナック菓子や普通のチョコレートはカロリーが高いため、ダイエット用のお菓子やデザート、糖質&カロリーオフのチョコレートなどがおススメです。

タニタの100キロカロリーデザート

今ではダイエットに配慮されたお菓子などもあります。もちろんボリュームもあり、ストレスもありません。たとえば人気のタニタの100キロカロリーデザートシリーズは、1カップたっぷり入ってたったの100キロカロリーとなっているのでおススメです。

継続できるダイエット法:夜食メニュー

ハードな食事制限を行うダイエットは継続するのが難しいですし、かといっていつでもお腹が空いたときにいつでも食べたいものを食べていては体重を落とすことは難しいでしょう。特に20時以降の夜の食事は太りやすくなり、空腹によりなかなか眠れずつまみ食いをしてしまうという点には十分注意したいところです。

そこで事前に夜にお腹が空いた場合に食べるならコレ!というのを決めておくといいでしょう。これならなにを食べるのか迷うこともありませんし、罪悪感をかんじてしまうような選択を避けることができます。

夜食は野菜スープがおすすめ

ダイエット ゆる痩せ

おススメは温かい野菜スープやドリンクです。コンソメスープ、トマトスープ、ホットミルク、みそ汁などは簡単に調理も可能です。具沢山にし、大きめの具をいれることで食べ応えのある低カロリー食となります。そして、するめは低カロリーで高たんぱくのためとても人気のダイエット食品の一つです。

継続できるダイエット法:2日に1回の半身浴

体重の増加に伴い、体は冷えて脂肪が燃えにくい体質になってしまいます。それを防止するために半身浴が効果的です。食欲を抑える効果も期待できる半身浴は主に代謝アップやセルライトの予防に効果的です。毎日おこないたいと思いますが、最低2日に1回のペースで継続していきましょう。

お風呂につかることで血行が促進され、身体が食事よりもリラックス、リフレッシュモードに切り替わるため、たくさん食べたいという欲望を弱くすることができます。食事前の入浴を習慣化していきましょう。

継続できるダイエット法:食前食後の10分間ウォーキング

スポーツジムでのハードなトレーニングなどのまとまった有酸素運動が難しい人は、食前・食後の10分間もウォーキングをおススメします。食前のウォーキングは体内の脂肪を燃焼する働きがあり、食後のウォーキングは食べたものを脂肪に変えにくくする効果があります。

どちらか1つでもいいですが双方にメリットがあるため、効率よく体重を落としていきたいのであれば、両方行うことがベストでしょう。

10分で無くても運動はOK

ウォーキングとはいっても散歩程度の気楽なもので十分です。一番悪いのは、食べる直前直後にソファーでごろごろしたり、イスに座ったままの状態になってしまっていることです。外でウォーキングをする時間を作るのが難しい場合は食べたあとすぐに洗い物をしたり、ちょっとした身の回りのことをするのでも問題ありません。

10分と言わず、休憩のついでにオフィスを1周するだけでもOK。なによりも食べたあとは身体を動かすということを習慣にしていきましょう。

継続できるダイエット法:カロリー計算はいったん考えない

こんな簡単なことでは痩せない。と思ってませんか?「とはいえ、食事制限をしないと結局痩せないのでは?」「食べてはいけないものがダイエット中の食事制限にはあるんじゃないの?」と思った人もいるでしょう。
しかし、たくさん痩せたい太っている人にこそ、大きな食事制限の指導は行っていません。

なぜなら、自己管理能力の弱い状態のときに、いきなりハードなカロリーや量、食事制限の指摘を行うと「それが簡単にできないから困ってるんです!」と思われる人がほとんどですし、逆に精神的に追い詰められてしまい、継続できず結果を出せない、モチベーションが下がったというケースに繋がってしまう恐れがあります。

優しく習慣化できるダイエットを

ダイエット ゆる痩せ

そもそもカロリーの制限や、食事の量を減らすことばかり考えてしまうこと自体がダイエットの失敗に繋がる原因だと言えるのです。どれも負担が少ないのでストレスなく続けられ、習慣化は可能です。決して難しいことではないと思います。

日々の積み重ねにより体重を増やしてしまったように今日から始める日々の積み重ね、簡単な努力が体重の減少に繋がっていきます。ダイエットのなかで最も重要なのは、継続的に続けられることです。まずは簡単なことからでも始めていきましょう。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックしてみてくださいね。

閉じる