フェイシャルエステだけじゃNG!肌荒れを防ぐ食べ物を一緒に食べよう

こんにちは!MENTE PRESS編集部です。シミやニキビ、乾燥などの肌トラブルが季節の変わり目は気になると思います。フェイシャルエステで綺麗な肌になったとしても、美しいお肌を維持するには自宅でのケアが大切。毎日の食生活の中でみなさんは肌にとってどんな食べ物がいいのかご存知でしょうか?

肌荒れにおススメの食べ物を食べて身体をきれいにしていきましょう。食べ物・飲み物だけでなく簡単にできるレシピもご紹介いたしますので美味しいものを食べて肌トラブルを改善していきましょう。

肌にいい食べ物で目指せ健康美肌

スキンケアやUV対策などの外部からの美肌対策はもちろんのこと、内部からのアプローチもとても大切です。毎日の食生活を改善すれば健康的に美肌を手に入れることが出来るので、食材選びから見直していきましょう。フェイシャルケアだけでは不十分、やっぱり毎日のケアは食べ物からなんです。

体の中と外を若返らせる栄養素とは?

MENTE PRESS編集部ではお医者さんに実際にインタビューを行い、アンチエイジングのために意識したい栄養素を聞きました。お医者さん曰く、まず最重要な栄養素はビタミンEです。ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っていて、酸化ストレスから身体を守ってくれます。

美肌のビタミンとも言われており、美と健康に欠かせないアンチエイジングビタミンです。血行促進作用などの若々しさを保つためのさまざまな作用を期待することができます。まずはネットなどで調べてビタミンEの多い食品を積極的に摂取しましょう。

積極的に摂りたい、肌にいい飲み物

肌にいい飲み物は食事で補いきれない部分をサポートしてくれます。毎日飲みたいお茶や美容ドリンク、スムージー、野菜ジュースなど、状況によって使い分けることができます。最近ではジューススタンドやコールドプレスジュースなども大人気ですよね?

コラーゲンドリンク

ファンケルから販売されているコラーゲンドリンクをご存知でしょうか?特許技術で開発されたディープコラーゲンドリンクはコラーゲン分子を一般的なものよりも小さくしたことで、コラーゲンの吸収率を高めることに成功しました。

またコラーゲンを生み出す力も高めてくれるため、潤いやハリを内側からも補ってくれます。

ドクダミ茶

ドクダミは体の中の余分な熱を冷ましてくれる効果があります。蓄膿症、黄色い痰や鼻水が出るとき、熱を帯びた吹き出物や腫れ物などを、肺の機能を高めることにより改善してくれます。

酵素ドリンク

一般的に売られている酵素ドリンクは100種類以上の果物や野菜を発酵させて作られています。乳酸菌や酵母菌が含まれており、便秘解消や肌荒れ改善に役立つよう腸内環境を整えてくれます。向き不向きはありますが、ぜひ一度挑戦してみてください。

ニキビ対策や美肌のために食べたい食べ物

お肌の管理はまずは食生活です。どれだけ化粧品に気を使っても、食生活が乱れていて油の多い食べ物ばかりとっていたらニキビは減りません。ここでは肌に良い栄養素がたくさん含まれていてニキビや美肌作りにおすすめの食材をご紹介していきます。

苦味のある山菜・野草・春野菜

これらの食材が持っている独特の苦みはポリフェノールや植物性アルカロイドと呼ばれる成分が含まれており、以下の働きがあります。

・アルカロイド:新陳代謝の促進、デトックスで痩せやすい体作りに繋がります。
・ポリフェノール:老化予防に効果的な抗酸化作用を持ち、体の錆びつきを防いでくれます。
≪おすすめの食べ物≫
そら豆・アスパラガス・新たまねぎ・わらび・ぜんまい・春キャベツ・菜の花・セロリ・たけのこ・スナップエンドウ・さやえんどう・ふきのとう・うど・たらの芽・せり・こごみ・うるいなど。

ポリフェノールなどアンチエイジングにおすすめの野菜・果物

ドライデーツ

不足しがちなミネラルや美肌に大切なビタミンB群や抗酸化作用のあるビタミンEがたっぷり含まれている栄養抜群のドライフルーツです。デーツは別名ナツメヤシともよばれ、ヤシの木になる実の事を言います。「なつめ」に形が似ている為名前に「ナツメ」がはいっているのです。

さつまいも

トータル面で美肌をサポートしてくれるさつまいもは皮の部分に抗酸化成分のポリフェノールがたくさん含まれています。

トマト

日焼けや疲労・ストレス・喫煙・睡眠不足などで体内に発生する、しみ・しわ・たるみといった老化の元凶になる活性酸素を除去する働きのあるトマト。βカロテンは肌の新陳代謝をサポートし、トマトの赤色は抗酸化成分であるリコピンの色です。血液をサラサラにしてくれるトマトは体の余分な熱を冷まして渇きを潤してくれます。熱さましの効果が二日酔いにも効果的で、赤いニキビや吹き出物、イライラや肌荒れにも効果があります。

ハチミツ

ハチミツには肺や皮膚や腸を潤してくれる効果があります。マヌカハニーが喉の殺菌にも良く、肌の乾燥や便秘が気になる季節に特におススメです。

あずき

食物繊維が豊富なあずきは余分な熱をとり、毒素を分解してうみを出すため肌荒れや便秘に良いとされています。

菜の花

おできや吹き出物改善に作用してくれる菜の花は炎症を抑えてくれる効果があり、肌のみならず全身の新陳代謝を手助けしてくれます。

高野豆腐

大豆は畑の肉と言われており、大豆から作られた豆腐を凍らせ、熟成、乾燥させた保存食である高野豆腐は栄養満点で普通の豆腐よりも栄養成分が凝縮されています。高野豆腐には老化予防に効果的な鉄・亜鉛・食物繊維ビタミンE、カルシウム・マグネシウムなどダイエットや健康を手助けしてくれる栄養素が豊富に含まれています。毎日の食事に取り入れるとほかの食材を減らしながらカロリーを抑えることができるため、ダイエットにはぴったりの食材です。

美肌のスーパーフード「鮭」

鮭はアスタキサンチンを多く含んでおり、老化を早める活性酸素のダメージから身体を守ってくれます。抗酸化作用はビタミンCの6000倍!ビタミンEの1000倍もある知っておいて損のないアンチエイジング食材です。サーモンって実はすごいんですねー。

鮭の皮の部分に多く含まれているビタミンB2が過酸化脂質を分解し、皮膚の成長を促進してくれます。同時にメラニン色素生成を抑制してシミを防ぎます。鮭って色々な効果があるので朝食にぜひ取り入れてみてくださいね。

肌にやさしいおすすめレシピ

簡単なレシピを肌に良い栄養素が多い食材で作っていきましょう。肌に良い食材を組み合わせることでより高い効果を得ることが出来ます。お肌の管理は毎日の食事から成り立っています。どうせなら美味しく綺麗になりたいですよね。

健康みそ汁

老化のスピードが緩やかになり、シミ・シワ・白髪・抜け毛などの予防や改善が期待できる抗酸化力がたくさん含まれているみそ汁。日本人なら毎日食べても苦にならないはず。材料に工夫してみましょう。

≪材料≫
・赤みそ… 80g:東海地方で親しまれている「豆みそ」を使用。八丁味噌とも呼ばれます。
・白みそ… 80g:お好みの甘さのものを。
・玉ねぎ… 150g(約1個):すりおろして150g使用。
・りんご酢… 大さじ1:穀物酢に比べて、酸味控えめでフルーティ。

≪長生きみそ玉の作り方≫
①玉ねぎをすりおろしていきます。
②すりおろした玉ねぎに赤みそ・白みそ・りんご酢を加え、泡だて器で混ぜていきます。最初はみそが少し硬いのですが、玉ねぎの水分でよく混ざってきます。
③製氷機に混ぜたみそを入れて、冷凍庫で凍らせます。フォークで刺せばすぐに取り出せます。器に湯150mlを注ぎ、お好みの具を入れて味噌を溶かしていきましょう。

トマトとアボカドのサラダ

3大抗酸化ビタミンであるβ-カロテン、ビタミンC・E、また活性化酵素除去に効果絶大なリコピンも多く含んでいるトマトは美肌にとても効果的な食材です。アボカドをたっぷり入れて満足感のあるサラダなので是非取り入れてみてください。

鮭のホイル蒸し

鮭に含まれているアスタキサンチンは老化を早める活性酸素のダメージから身体を守ってくれるので、シミ予防に効果的。皮にはコラーゲンやビタミンB2ga多く含まれているので出来れば丸ごと食べてしまいましょう。同時にビタミンCを合わせて取ると高い相乗効果を得ることができます。

マシュマロヨーグルト

マシュマロには肌の細胞を作るコラーゲンが含まれており、ヨーグルトには腸内環境を整える乳酸菌が含まれています。デザートとしてぺろっと食べれてしまう止まらないおいしさです。ただ食べすぎるとカロリーオーバーになるので、マシュマロはほどほどにしてくださいね。

いかがでしたでしょうか?食生活の改善は美肌に近づくための大きな一歩となります。バランスの良い食べ物を摂取し、健康的な美肌を目指して行きましょう。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックお願いします。

閉じる