抗酸化物質

アンチエイジングはエステだけじゃNG!食と生活習慣で抗酸化作用を

抗酸化物質

こんにちは!MENTE PRESS編集部です。いつまでも健康で元気な体を維持したい。そう思いませんか?食事や生活習慣、ストレスなどさまざまな要因が病気や老化に関係しています。そこで最近注目されているのが、「酸化」というキーワードです。MENTEでは美と健康を求める男性に向けて様々なメンズ専門のエステサービスを実施していますが、エステ通いだけでなく、自宅での努力も不可欠となります。

りんごを切ってそのままにしておくと、茶色に酸化するのはよく目にする光景です。それと同じように、呼吸して生きている私たちも、老化や病気の原因の一つとして「酸化」があげられます。今回、アンチエイジングに興味を持った皆さんに、「抗酸化作用」についてご紹介していこうと思います。

加齢とともに低下する抗酸化作用

抗酸化物質

実は、人間の体には抗酸化作用がすでに備わっています。体にはもともと、尿酸、アスコルビン酸、メラトニンといった抗酸化物質が存在しているのです。しかし、抗酸化作用は20代をピークとして、年齢を重ねるごとに減少していきます。

そのため健康の維持に重要なことは、普段の食事から抗酸化作用をもつ栄養素を摂取するように心掛けましょう。それでは、抗酸化作用のある栄養素について説明していきます。やはり美と健康は毎日食べる食からスタートするんです。

抗酸化作用のある栄養素はスーパーで

抗酸化において大事なことは「食」にあります。抗酸化作用のある栄養素で特に有名な物はポリフェノール類、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル類や、美容効果抜群のカロテノイドなどです。スーパーなどでも気軽に摂取できる、当たり前の食材ばかりですので、ぜひ意識して摂取してみてください。

抗酸化物質・ポリフェノール類

赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶・プルーン・りんごなどには多くのポリフェノールが含まれます。フルーツの場合、皮などは捨てずに皮ごと食べるのをオススメします。皮にもポリフェノールがたくさん含まれています。

コーヒーやお茶は、市販のものではなく淹れたての方がポリフェノールの摂取に効果的です。

抗酸化物質・ビタミンC

フルーツ(いちご・キウイフルーツ・柑橘類など)、緑黄色野菜(パプリカ・パセリ・ブロッコリー・青菜類など)には多くのビタミンCが含有されています。ビタミンCは水に溶けやすい性質です。サラダなど生で食べるようにしましょう。

水洗いする時は、水に溶けてしまわないように洗いすぎに注意が必要です。

抗酸化物質・ビタミンE

抗酸化物質

種実類(アーモンド・ごま・ピーナッツなど)、植物油(べに花油・やし油・ひまわり油など)には多くのビタミンEが含まれています。効果的に吸収するために緑黄色野菜と炒めて食べましょう。他のビタミンも一緒に摂取でき効果的です。

抗酸化物質・ミネラル類

魚介類(桜えび・うるめいわしなど)、海藻類(わかめ・のり・昆布など)、納豆などにはミネラルの成分が豊富。ミネラルは、煮込み料理の場合は煮汁ごと召し上がって下さい。熱には強いですが、水溶性なので、茹でるより蒸すのがオススメです。

抗酸化物質・カロテノイド

抗酸化物質

赤色の色素成分。トマト、ほうれん草、みかん、パプリカ、緑黄色野菜やフルーツの黄色、オレンジなどにはカロテノイドが豊富。カロテノイドをたくさん取りたければ、濃い色の野菜やフルーツを選びましょう。

そのなかでも赤いパプリカは、カロテノイドのなかでも特に抗酸化力が強いキサントフィルという成分が多く含まれいおりオススメです。カロテノイドは油溶性なので、油を使用した調理や、サプリメントなどを利用すると体内に吸収しやすくなります。

上記のような食材を利用して、抗酸化作用が期待できる料理を作ってみるのが一番効果的。エステサロンに通い、適度な運動をこころがけ、健康的な食事をとる。これを徹底すればアンチエイジング効果が得られるのは当然です。

彩り野菜のキーマカレー

色合いがいまいちなキーマカレーも、鮮やかな野菜をプラスすれば華やかになりますよね。キサントフィルを豊富に含んだ赤パプリカ、ビタミンCやポリフェノールを含んだかぼちゃを使用した、見た目にも美味しいメニューが簡単にできるカレーはアンチエイジングにおすすめです。

ナッツ入り煮込みクリームシチュー

具材はにんじん、ブロッコリーなどの緑黄色野菜をたくさん使用。ビタミンEを豊富に含むアーモンドをいれて香ばしさをプラス。いつものシチューにたっぷりの野菜とナッツ類を入れればやさしい甘みの広がるオリジナルシチューの完成です。

食生活以外で抗酸化物質を作るには?

抗酸化に力を発揮するのは、抗酸化作用のある食品を摂取すること以外にもあります。普段の生活意識を少し変えるだけで、活性酸素の増加を防ぐことができるのです。もちろん食事は大事ですが、同時に生活習慣も見直ししてみましょう。

ストレスコントロール

たくさん抗酸化作用のある食品をとっていても、慢性的なストレスがある人は注意が必要です。ストレスは一時的に血流を悪くし、そこから回復するときに活性酸素を発生させます。

対人関係はもちろんのこと、長時間労働による睡眠不足や重労働によるプレッシャーを毎日感じていると、当然ながらアンチエイジングにも悪影響があります。無理しているなと感じているなら改善が必要ですよ。

夏の紫外線をふせぐ

シミやシワは、皮膚細胞に紫外線が当たると活性酸素が生まれます。日傘をさしたり、帽子をかぶったりとるなど、UVケアを行いましょう。夏に肌のケアをせず長時間太陽を浴びると肌シミの原因となりますので、太陽を浴びる際は肌のケアは必ずしましょう。

太陽の下でバーベキューなどはストレス発散に効果がありますので、同時に肌ケアをすれば抗酸化作用アップ間違いなしです。

まず禁煙。タバコを控える

タバコは抗酸化物質であるビタミンを破壊する成分が含まれています。タバコを一本吸うと、1日あたりで発生する量の約10万倍もの活性酸素を体に生み出すそうです。
くれぐれも吸いすぎにご注意を。もうタバコはたしなむ時代ではありません。

適度な運動を心掛ける

激しい有酸素運動などは、呼吸の量が増え活性酸素が発生しやすくなります。ウォーキングなどの軽めの運動が良いでしょう。抗酸化物質の働きを促進し、酸化を防いでくれます。自分にあった継続できる運動を見つけ出してくださいね。

以上、「抗酸化習慣」についてお伝えしました。自分自身、大事な家族のためにも、日々の生活で簡単に行えるものばかりなのです。実践して健康な毎日を過ごしていきましょう。MENTEでは肌ケアや脱毛など様々なメニューを用意していますが、自宅でのケアもアドバイスしています。ぜひエステと一緒に抗酸化物質の摂取も精力的に取り組んでくださいね。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックお願いします。

閉じる