マスクのしすぎで肌荒れトラブル!コロナ禍の肌荒れを防ぐコツは?

こんにちは!MENTE PRESS編集部です。新型コロナウイルスの感染拡大によって外出時にマスクを着用するのが当たり前になってしまったことにより、マスク着用による肌トラブルを起こす人が増えてきています。

マスクをしないといけないのに肌荒れが悪化してしまうなど様々な悩みを抱えている人におすすめのケア方法や、肌荒れに対する対処法、肌荒れの防止策について今回はご紹介させていただきます。実はマスクって保湿しているようで肌荒れしちゃう人も多いんですよ。

マスクで肌荒れする原因は?

まずはマスクをすることによってなぜ肌トラブルを引き起こしてしまうのかについて原因を知っていきましょう。「接触皮膚炎」という言葉をご存知でしょうか?アレルギー反応をマスクによって引き起こす場合があり、そのような症状が起きることがあります。

アレルギーの原因はマスクに付いた花粉やホコリ、マスクの素材自体など様々で、その特徴は軽いかゆみが出たりアトピー性皮膚炎のように赤くただれて粉をふく場合があります。持病でアトピー性皮膚炎を持っていたりアレルギー体質の人は特に注意する必要があります。

マスクを外したときの「乾燥」

マスクをつけると吐息の水分によって肌が潤っているように感じる人もいると思いますが、マスクは外した際に注意が必要でマスクを外した時に水分が一気に蒸発するため肌は乾燥状態になります。

過度な感想が理由で肌がヒリヒリしたりつっぱったりすることもあります。そして肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するため細菌やウイルスが侵入し口唇ヘルペスができやすくなったり、湿疹やニキビができてしまうことがあります。

マスクに覆われる部分全体に症状がある時や乾燥していると感じる時、肌につっぱり感やカサカサ感がある時はマスクによって乾燥状態を引き起こしている可能性も大きいです。マスクはウイルスから守ってくれる便利な物ですが、色々な弊害があるんですね。

マスクの「摩擦による刺激」

マスクがずれてしまったり着脱する際に肌に生じる摩擦は刺激となって肌のバリア機能の低下に繋がります。バリア機能が下がってしまった肌は細菌が繁殖しやすくニキビができやすい環境になってしまったり、通常は刺激にならない物質が内部に入って炎症が起き、湿疹ができやすくなることもあります。

マスクの摩擦が原因になってマスクが肌にあたる部分の湿疹やニキビができることもあります。

クリームで肌を保護する

保湿効果に優れたクリームをメイク下地として使うのがとても効果的で、皮膚を保護してくれるのでマスクの摩擦が減少します。例えばワセリンや有効成分に「ヘパリン類似物質」を含むクリームなどは保湿効果が高く肌への刺激も少ないのでおすすめです。

肌あたりの優しい素材を使う

ガーゼ生地や綿のマスクは使い捨ての不織布マスクより気密性が低く吸湿性があるため肌荒れしにくいです。摩擦をできるだけ避けるには肌当たりの柔らかいマスクを選ぶといいでしょう。不織布マスクを使う時はガーゼなどの棉の生地を肌の間に挟むと湿気を吸ってくれるためとても肌荒れに対して効果的です。

マスクは清潔に

摩擦を減らしたり保湿すること以外にも肌の炎症を防ぐには皮膚を清潔に保つことも重要です。方法としてはガーゼや綿のマスクは、使用後は洗剤に浸け置きした後、押し洗いするようにし不織布マスクは使い捨てするようにしましょう。

マスクの下のメイクは控えめに

マスクの下はできるだけナチュラルメイクにし肌の負担を減らして、どうしてもメイクをする必要がある際は肌への負担が少ない商品を使うのがおすすめです。女性は特にメイク+マスクで荒れてしまうこともあるのでマスクによる肌荒れ対策としてお手入れのポイントを説明していきます。

日焼け対策も気を抜かずに

日焼けをしてしまうと肌が敏感になって肌荒れしてしまいます。マスクの下には紫外線が届くことはありませんが周辺はまだらに日焼けする可能性があり、UVケアは顔全体にしておくといいでしょう。

乾燥対策には、十分な保湿

肌の乾燥対策として最も重要なのが保湿ケアです。化粧水で水分をたっぷり補って乳液やクリームで水分を閉じ込めるのが効果的でしょう。マスクをすることで肌が敏感になっていると感じる人は敏感肌用の基礎化粧品を使ってみるのもおすすめです。

お手入れで余分な刺激を与えない

マスクの摩擦などで肌が刺激に対して敏感になることもあるのでスキンケアは低刺激のものを意識して使用するのがよいでしょう。特に洗顔はたっぷりと泡立てて優しく洗い、ぬるま湯で丁寧に洗い流すように意識し、熱いお湯で洗うのは避けましょう。

スキンケア以外にも市販薬を

肌を清潔に保ち保湿などのスキンケアをしていてもかゆみが収まらない場合は市販の抗炎症薬を試してみることをおすすめします。デキサメタゾン酢酸エステルやヒドロコルチゾン酪酸エステルが含まれているステロイド入りの軟膏やクリームは顔にも塗ることのできラインナップも豊富です。

ステロイド入りのものを使用するのに不安を抱く人もいるかとは思いますが、長い間使用しない限り危険ということはありませんので用法・容量を守って使用すれば問題ありません。しかしニキビや真菌、細菌やウイルスによる感染症の場合はステロイドを使うことによって症状が悪化することもありますので注意してください。

傷が大きな場合においても化膿してしまうことがあるため使用は避けましょう。ニキビや細菌感染とブツブツした湿疹を見分けることは難しいこともあると思いますので、市販のステロイドを1週間使用しても症状が改善されない場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

洗顔の後に冷やしてたっぷり保湿

汚れや花粉、ほこりによる肌荒れの対策としては洗顔をしっかり行って肌を清潔に保つようにしましょう。肌のかゆみや赤みなど軽い炎症がある場合は保冷剤で冷やしたり敏感肌用やニキビ用の優しい成分の製品を使ってたっぷり保湿してあげましょう。

グリチルリチン酸ジカリウムやトラネキサム酸などの抗炎症作用をもった成分が配合されている商品もおすすめ。

症状がひどい場合は皮膚科の受診を

ウイルスや細菌に感染している時は症状に合った抗菌薬などを使った治療が必要になるので市販薬では治療することができません。皮膚の赤みや湿疹、かゆみやニキビが改善しない場合も早めに診断を受けるようにしましょう。特に以下の症状が見られる場合は早めの受診が必要となります。

・市販薬の副作用の症状がある時
・目の周辺に炎症が出た時
・1週間程度市販薬を使用しても症状が変わらない、または悪化した場合
・赤みやただれがひどい
・以前に薬でアレルギー症状を起こしたことがある場合
・炎症の範囲が大きく薬を塗らないといけない範囲が広い場合

外はできるだけマスクを外す

定期的にマスクを外して蒸れを逃がしてあげると症状の悪化を抑えることができます。屋外でソーシャルディスタンス(少なくとも2m以上)をしっかり確保できる時はマスクを外すように厚生省からも通知が出ています。

無理にマスクをつけるのではなく外せる時は外して肌荒れ対策を行いましょう。マスクは新型コロナウイルス対策として必須アイテムです。新しい生活様式の一部としてマスクの肌荒れ対策をぜひ試してみてください。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックお願いします。

閉じる