小顔になりたいならお風呂で簡単にできる顔痩せエクササイズをしよう

こんにちは!MENTE PRESS編集部です。身も心もリラックスすることのできるバスタイムですが、バスタイムをリラックスの場だけにしている人はもったいないかも…湯船に浸かると代謝を上げてダイエット効果を期待することができるのはみなさんもご存知ですよね?

リラックスタイムに合わせて小顔エクササイズも行うことで、実は小顔を手に入れることも可能です。小顔になると全身のバランスが良くなるためスタイルアップの効果を期待できます。今回は簡単にバスタイムでできる小顔エクササイズをご紹介させていただきますのでぜひ活用してみてください。小顔を手に入れるために毎日のバスタイムを有効活用しましょう。

知らないと損する間違ったお風呂の常識

お風呂は身も心もリラックスすることが可能ですが入り方を誤ってしまうと逆効果になってしまう場合もあります。まず初めに知らないと損をしてしまう間違ったお風呂の常識からご紹介させていただきます。

5分以上の長湯

自律神経は意識的に動かすことが出来ず体調に合わせてバランスを取りながら変化します。42度以上の熱いお湯は気分をリフレッシュするのには効果的ですが長湯をしてしまうと血栓ができてしまう場合もあるため熱めのお湯に入る時は5分以上の入浴を避けるようにしましょう。長く入ってリラックスをしたい時はお湯の温度を40度程度までのぬるま湯にして半身浴をしましょう。

熱ければ効果的とは限らない

冷え性で熱いお湯で体を温めるという人もいると思います。しかし熱いお湯が血液の循環を良くしてくれるというわけではありません。お湯の温度は1度違うだけで体に与える影響は大きく変わってきます。というのもお風呂の温度が42度を超えると交換神経が優位になって瞬間的に血液が緊張状態になり血管が収縮して血流悪化を招いてしまいますし、自律神経は緊張したりすると交感神経が優位になり睡眠時やリラックス状態だと副交感神経が優位になります。そのため結果的に手足の冷えや肩こりを促進してしまいます。

お風呂は美容効果がたくさん

体の汚れを落とすだけでなくリラックス効果を得ることができるお風呂ですが、美容や健康にいい効果がたくさんありますのでどういった効果がお風呂で得られるのかを見ていきましょう。

ストレス解消

水には浮力があるため水中で体にかかる重力は地上の10分の1になります。重力の負担が少ないことから筋肉の緊張が緩和されてリラックス効果やストレス解消に効果的です。

温熱効果によるデトックス

温かいお湯につかると皮膚の毛細血管や皮下の血管が拡張して血行が促進されます。そうすることで体内の老廃物が流れて疲れや肩こりや腰痛が改善されていきます。

静水圧による血行促進

止まっている水中に働く圧力のことを静水圧といいます。静水圧の力は腹囲が3~5cm縮むほどと言われていて、適度な圧力は血行を促進して血液の循環を良くするのでむくみを解消してくれます。

簡単お風呂の小顔ダイエット方法

憧れの小顔を手に入れるには日々のケアが重要となります。大切なイベントやパーティに向けて小顔になりたいという人はお風呂でできる小顔ダイエットを試してみましょう。今から即効性の高い簡単な小顔ダイエットをご紹介させていただきます。

顔全体を引き締める【あいうえお体操】

顔全体を引き締めたい場合はあいうえお体操がおすすめです。あいうえお体操は口を大きく開けて発声していくだけの簡単なものです。「あ・え・い・う・え・お・あ・お、か・け・き・く・け・こ・か・こ……」と発声していきます。できるだけ口回りの筋肉を意識して顔の筋肉が鍛えられてフェイスラインが引き締まります。

1:初めに口を大きく開ける
2:「あ・え・い」の時は口の両端の口角に軽く力を入れて微笑んだように両端が上がった状態で行いましょう
3:「う・え・お・あ・お」の時は口を横に広げるのと口を小さくすぼめる動作を意識して繰り返します
4:口の周りの筋肉が痛くなるまで続けます
5:顔の筋肉は声帯と連動しているため、できるだけ声を出して行いましょう

老廃物を流す【リンパ流しマッサージ】

効果がすぐに出やすい「リンパ流しマッサージ」は顔の老廃物を流すことで、たるんだフェースラインを引き締めてくれます。肌に強い摩擦を与えてしまうと肌を痛めてしまうのでオイルやクリームを使って肌の負担をできるだけ減らすようにしましょう。

マッサージの方法を今から説明していきます。以下を参考に顔の上から下に、さらに鎖骨からワキの下に向かってリンパを押し流していくように行いましょう。

1:最初は目からこめかみに向かって優しく指でリンパを流していきます。次に目の下から目頭に向かってマッサージをしましょう。これを繰り返し5回行います。
2:次は頬の周り、小鼻の横から頬骨の上を沿って耳の下まで指で流していきます。次に小鼻の横から頬骨の下を通り、耳の下まで流していきます。これも先ほどと同じように5回繰り返してください。
3:両手の親指を顎の下に添えて人差し指は口元に当てて顎を掴みます。親指は強めに力を入れて人差し指は軽めに力をいれて耳の下までゆっくりと流していきましょう。これも同じく5回行いましょう。
4:更に下へとリンパを流します。耳の下に親指以外の指を添えて鎖骨に向かって流していきます。鎖骨の周りを軽く押してほぐし、手のひらを使ってワキの下に向かって流し同時にワキの下もほぐしていきましょう。

効果的な小顔マッサージ

お風呂ダイエットは高い効果を期待することができるのですが、さらに高い効果を得るために保湿ケアをプラスしたりお風呂の入り方を変えていきましょう。何気なくお風呂に入っていた人やお風呂後の保湿ケアを怠っていた人は新しいやり方を是非試してみましょう。

乾燥防止【保湿ケア】

お風呂は長く浸かれば浸かるほど保湿成分が失われてしまい乾燥しやすくなっていきます。肌に対するダメージを防ぐために入浴後10分以内に保湿をする必要があります。おススメの方法は入浴中に肌に保湿化粧品を塗ってお風呂上りの乾燥を防ぐ方法です。お風呂場に保湿クリームやボディークリームを置いておけば便利ですね。乾燥を防ぐために入浴中の保湿ケアを習慣にしていきましょう。

脂肪燃焼【高温反復浴】

「高温反復浴」がお風呂ダイエットの効果を高めてくれます。高温反復浴とは熱いお湯に浸かったり出たりを繰り返す全身浴のことで、脂肪燃焼の促進を期待することができます。熱いお湯に浸かると交感神経が優位になり高温反復浴はこの作用を利用したものです。交感神経を高めるため、お湯は高めの42~43℃に設定し、入浴の手順は以下の通りとなります。

1:まず初めはかかり湯です。シャワーをぬるめにして足からかけて少しずつ温度を上げて体を温めていきます。
2:シャワーが済んだら熱めのお湯に入ります。1分ほどお腹から胸の辺りまでお湯に入ります。
3:湯船にゆっくり入り肩まで浸かったらさらに4分間温まりましょう。
4:一度湯船から出て5分間休憩します。この間に髪や体を洗っても良いです。
5:再びお湯に入り、肩まで浸かって2~3分入ります。
6:再度お湯から上がり5分ほど休憩します。
7:また再度お風呂に入って2~3分待ちます。
8:最後はお風呂から出たら水を浴びます。注意していただきたいのが一気に水浴びをしないことです。少しずつ手の先から水をかけていきましょう。

【注意点】
高温反復浴はダイエット効果が高いと言われておりますが熱いお湯への入浴は血管への影響が懸念されるので貧血や高血圧の人にはおすすめできません。また生理前はぬるま湯のお湯に浸かって副交感神経を働かせた方が心身共に良い影響を与えることができるため自身の体調に合わせて行うようにしましょう。

発汗を促進させる【ミネラルバスパウダー】

より多くの汗をかきたいならミネラルバスパウダーがおすすめ。こちらは西洋の海洋療法「タラソテラピー」を組み入れたダイエット入浴剤で、世界一のミネラル含有数を誇る、宮古島の「雪塩」が配合されており、ダイエットに効果的なマグネシウムや海藻エキスも豊富に含まれていて血行やリンパの流れを促進し、体脂肪を効率よく燃焼させます。デスクワークなどで普段汗をかく機会がない人にはお風呂に入っているだけで汗をかくことができるためおすすめです。

香りを楽しみながらゆっくりバスタイムをすることができるユーカリを基調としたタラソな香りはとても爽やかですよ。

毎日のお風呂で効率よく小顔エクササイズ

いかがでしたでしょうか?美容や健康は日々の行いが大切ではありますができるだけ早く小顔を手に入れたいと思いますよね。お風呂でできる小顔エクササイズはそんな願いを簡単に叶えてくれます。大切なのはリンパの流れを意識して顔と筋肉の関係を理解することです。むくみのもとは顔に溜まった老廃物です。

今回ご紹介させていただいた小顔エクササイズやリンパマッサージを毎日行うことで顔全体を引き締めることが出来、すっきりとした印象を手に入れることができます。ダイエットに効果の高い入浴方法や発汗作用のある入浴剤を使ってバスタイムを楽しみながら小顔になりましょう。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックお願いします。

閉じる