メンズ脱毛

脱毛サロンが近くに無くて髭やVIOの剛毛に悩むメンズ必見「家庭用脱毛器」の選び方

  • 2021年4月13日
  • 2021年4月22日
  • 脱毛
  • 75view

こんにちは。30代前半のメンテプレス編集部ライターです。青髭に悩んでいた私が家庭用脱毛器を使い、実際の効果の高さについて徹底的に検証を行ってみました。私のような剛毛の男性のヒゲやVIO(アンダーヘア)にも効果絶大家庭用脱毛器を今日は厳選してご紹介いたします。

本当は脱毛サロンに行くことが一番おすすめなのですが、近くにサロンが無い場合や金銭的な負担がしんどい、という方必見です。

メンズ脱毛のポイント

メンズ脱毛

今回は主に下記のテーマに沿って記事を書いて行きたいと思います。

・ヒゲやVIOに対応している脱毛器の種類は?
・家庭用でも男性の剛毛に効果はあるのか?
・本当に効果のあったのはどの機種なのか?

女性と比べると男性のムダ毛は濃くてしぶといものです。今回ご紹介させていただく家庭用脱毛器は実際に私の剛毛に勝つことのできた家庭用トップクラスの強力な機種なので、是非参考にしていただければと思います。

おすすめメンズ向け家庭用脱毛器の種類とは?

メンズ脱毛

家庭用脱毛器の主な種類は以下の通りです。種類や仕組み、抑毛効果について説明します。

①フラッシュ式
仕組み:特殊な光で毛根にダメージを与える
抑毛効果:あり
②レーザー式
仕組み:特殊なレーザーで毛根にダメージを与える
抑毛効果:あり
③サーミコン(熱線)式
仕組み:表面の毛を焼き切る
抑毛効果:なし
④電動ローラー式
仕組み:電動で毛を抜く
抑毛効果:なし

上記の4つでライターが体験した結果、男性向けのムダ毛処理におススメなのは、フラッシュ式もしくはレーザー式の脱毛器になります。抑毛効果の付いていない脱毛器は、ヒゲ剃りと同様にすぐムダ毛が復活してしまいます。しかし抑毛効果が付いている脱毛器であれば、毛の濃い男性のムダ毛でも少しづつ薄くなり、生えにくくなっていくのです。

メンズ脱毛にはフラッシュ式かレーザー式を選ぶ

フラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器の基本的な仕組みは特殊な光を毛根に照射して毛根にダメージを与えて弱らせるものになります。家庭用なのでクリニックなどで使用されるものに比べパワー自体は抑えられていますが、脱毛サロンや脱毛クリニックで使われている脱毛器と仕組み自体は同じものになります。

家庭で使える脱毛器で唯一抑毛効果があるので頑固な髭でも少しづつ処理の頻度が減っていき、カミソリ負けや青髭などの悩みを解消できます。

実際にライターの私も家庭用脱毛器の使用により髭剃りの頻度が激減。私は2020年から家庭用脱毛器の使用を始めて、現在は大体5~7日おきに、口の周りに生える少量のヒゲをササっと剃るだけになりました。どんどん毛が薄く、生えにくくなっているのを実感しています。数日であれば手入れをしなくても口の周りに少しだけ生える程度になりました。家庭用でこのレベルはなかなか凄いです。

メンズ向け家庭用脱毛器の選び方とは?

メンズ脱毛

例えば同じ家電製品である掃除機でも吸引力などにメーカーによって差がありますよね。家庭用脱毛器もそれと同じでどれを選んでも問題ないというわけではありません。購入する際に注目してほしいポイントを今から5つご紹介するので、是非参考にしていってください。

選び方の重要ポイントは下記の5つです。

①コスパの良さ
②照射面積の大きさ
③痛みの調整機能
④濃く太いヒゲへの効果
⑤VIOと顔への使用推奨

コスパの良さで選ぶ

家庭用脱毛器は照射回数があらかじめ決まっています。もちろん照射回数に達すると脱毛器は使えなくなってしまいます。男性のムダ毛は濃いため、なるべく照射回数が多い家庭用脱毛器を選ぶことをおススメします。

つまり、照射回数が多い機種は全身に惜しみなく使えるので「替えカートリッジ」の販売があるかにも注目しましょう。替えカートリッジに交換可能であれば、照射回数の上限に達したとしても好きなだけ脱毛をできるからです。

・替えカートリッジがある脱毛器:数千円でカートリッジの買い替えができます。
・替えカートリッジがない脱毛器:数万円する本体を再購入(※)
※「替えカートリッジなし」の機種は使い捨てになります。

ただでさえ脱毛器は高いというのに再度本体を購入するというのはとてももったいないですよね。ですので「替えカートリッジあり」の脱毛器はVIOやすね毛などたくさんの箇所を存分に脱毛したい人におススメです。

照射面積の大きさで選ぶ

家庭用脱毛器が、1度に照射できる範囲のことを照射面積といいます。照射面積の大きいものは照射面積の小さいものに比べて広範囲のムダ毛処理が短時間で完了します。

すね毛などの広範囲の脱毛は照射面積が大きいと楽

照射面積の大きい家庭用脱毛器を使えば、すね毛などの広範囲の脱毛も小さな脱毛器と比べ効率よく脱毛ができます。メーカーにより照射面積は様々なので必ず比較してみましょう。私がおススメするのは脱毛する部位に合わせてカートリッジを変えられるものが良いと思います。

細かい部分や広い範囲などを大きさに合わせて使い分けられるのはとても便利です。用途に合わせて付け替えできるので使い勝手抜群です。

痛みの調整機能で選ぶ

家庭脱毛器が持つ「照射レベルの調整機能」で脱毛中に感じる痛みは調整が可能です。痛みに敏感な人は細かくレベルを調整可能な脱毛器を選ぶと良いでしょう。

照射レベルを細かく調整できる機種なら男性VIOも安心

太くて量の多い男性のVIOやヒゲは痛みを感じやすい傾向にあります。照射前や照射後にしっかりと冷やすとほとんど痛みを感じないのですが痛みの感じ方は人によって異なります。低レベルから強度を徐々に調整可能な機種はとても安心です。

アトピー肌の方でも少しづつレベルを上げて自分に合った強さを選択することができます。強いレベルでヒゲ脱毛することも慣れれば可能なのが魅力です。ただしアトピーなどお肌の弱い方は合わない場合もありますのでご注意ください。

濃く太い髭への効果で選ぶ

女性に比べ男性のムダ毛は太くて量も多いです。ゆってしまえばとても頑固なのです。とくにヒゲはとても生命力が高く、なかなか薄くなってくれないので、強力な家庭用脱毛器を選ぶ必要があります。

髭専用カートリッジがある機種がメンズ脱毛に最適

通常の脱毛器より濃くてしぶといヒゲに効果絶大なのが「ヒゲ専用カートリッジ」がある家庭用脱毛器です。高出力の光が照射されるのがポイントです。ライターの私も挑戦してみましたが、通常のカートリッジはパチン程度の衝撃に対し、ヒゲ専用のカートリッジだとバチンッツと強い衝撃が。事前にしっかり冷やしていたのでとくに痛みはなかったのですがとても強力なんだなと実感することができました。

VIOと顔への使用が推奨されているかで選ぶ

家庭用脱毛器使用を推奨しない部位がメーカーによってあります。非推奨部位で一番多いのが顔とVIO、デリケートな肌や部位はトラブルを起こしてしまう可能性が高いためおススメしないメーカーが多いんです。どうしても不安ということであれば、「すべての部位対応の機種」を選ぶのも1つの手段と言えるでしょう。

正しく使えば非推奨機種でもトラブルなし

非推奨機種は絶対に肌トラブルを起こすというわけではありません。実際に固定用脱毛器は、I・Oラインへの使用は推奨されていませんが使われている方もいるようです。商品の口コミなどを見る限り、非推奨部位に使用している人は実際多いようです。

きちんと使い方を守れば非推奨部位でも安全に使えるのかもしれませんが、保障はされていないのでおすすめはしておりません。

男性向け家庭用脱毛器のよくある質問Q&A

メンズ脱毛

以下によくある質問をまとめてみましたのでご確認ください。

家庭用脱毛器はヒゲにも効果ある?
家庭用脱毛器でヒゲが薄く生えにくくなることは実証されています。もちろん個人差はあると思いますが、使い続ければ効果が出てきます。
髭脱毛はどれくらいの期間で効果がでる?
一般的には3~6か月程度でヒゲが薄くなったのを実感することができます。
家庭用脱毛器で青髭は消える?
家庭用脱毛器を使えば、ヒゲが薄く生えにくくなるため青髭は目立たなくなっていきます。
家庭用脱毛器を髭剃り替わりに毎日使ってもいい?
メーカーにもよりますが毎日の使用は肌へのダメージが大きいためNGです。1~2週間に1回のペースをおススメします。

家庭用脱毛器おすすめ5選まとめ

以上が「家庭用脱毛器」を選ぶおすすめポイント5選のご説明でした。本当に一番おすすめなのは、間違いなくメンズ脱毛サロンに通うことです。プロのエステシャンによる施術を受ければツルツルなお肌になることは間違いありません。お金や立地の問題で、ご自宅で仕方なく脱毛する場合は「家庭用脱毛器」もおすすめしています。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックしてみてくださいね。

閉じる