脱毛クリーム

毛が濃くなる?脱毛クリームの仕組みや効果は?プロが仕組みを徹底解説

  • 2021年4月20日
  • 2021年4月22日
  • 脱毛
  • 55view

脱毛クリームは塗るだけでムダ毛を処理できるため、若者を中心にとても人気のアイテムです。ですが、効果や肌への影響について詳しく知っているという人は少なく、使いすぎてしまうと毛が濃くなるのでは?という声を耳にしたことがあります。今回は脱毛クリームの仕組みやメリットとデメリットについて解説していきます。

脱毛クリームで毛が濃くなる噂って本当?

脱毛クリーム

脱毛やケアに手間がかからず、簡単に脱毛ができる脱毛クリーム。しかし肌に合っていなかったり、使いすぎてしまうと逆に毛が濃くなってしまうのではという心配の声があります。まずは脱毛クリームの仕組みをご説明しましょう。

脱毛クリームの仕組みとは?

ムダ毛を取り除くクリームのことを一般的に脱毛クリームと言います。ムダ毛の主成分であるタンパク質を溶かす成分が配合されており、ムダ毛の気になるとこに塗って、しばらく時間が経ったあとに洗い流すときれいに脱毛できる仕組みとなっております。

とても手軽に利用できることからたくさんの人に利用されていますが、肌への負担が大きいという点も脱毛クリームの特徴です。脱毛クリームの種類によっては肌に合わない場合もあるため、肌があれてしまう場合もあり、ひどい場合は皮膚科で治療が必要な場合もあります。

また、VIOラインなどのデリケートな部位には使用できない場合や、使える部位が限られていることもあります。これは肌に刺激のある成分が配合されているためです。誤った使用方法を試してしまうと肌に大きなダメージを与えてしまうため注意が必要です。

脱毛クリームで毛は濃くならない

脱毛クリームを使いすぎてしまうと生えてくる毛が濃くなるという声がありますが、その効果は肌の表面に生えている毛の部分のみになります。クリームの効果によって毛が濃くなるということはないでしょう。

使った後は肌がきれいになるためそのあとに生えてくる毛が濃くなったように思えてしまうのでしょう。そういったことはございませんので安心してご利用ください。とはいっても肌への負担が大きいには事実です。肌の表面は毛と同じでタンパク質でできています。

同じタンパク質のため肌の表面も溶かしてしまいます。そのため、クリームの種類によってはかゆみや赤みが出たりする場合もあります。保湿成分や肌を守る成分の入ったものも多くなってきているので自分に合ったものを見つけるといいでしょう。

脱毛クリームのメリット・デメリット

即効性の高さが魅力の脱毛クリームは手軽でコストパフォーマンスに優れています。そういった観点でみると、優れたムダ毛処理方法と言えるますし、後から生えてくる毛が濃くなることは除毛クリームを使っても無いのでとても安心です。

海に行くからムダ毛を処理したい!こういったときなどにとてもおススメのアイテムです。ただ、除毛クリームには、肌が弱い人は肌荒れが起きやすいであったり、VIO部分の処理に制限があるなどデメリットも存在します。

パッチテストを行うことで事前に予防することも可能ですが、最悪のケース病院で診察が必要になってくる場合もあります。こういったデメリットを避けるためには美容脱毛専門サロンを利用することをおススメしています。

サロンなら相談しながら脱毛できるので安心

脱毛クリーム

「肌が弱いので、脱毛クリームを使うのは肌が荒れそうせ怖い」「専門家と相談しながらムダ毛を処理していきたい」「子供がムダ毛処理をしたいというが、除毛クリームより安全な方法を教えたい」。こういった不安や要望を持っている人もいるのでは?そのような悩みを持つ人には、美容脱毛サロンをおススメします。

スタッフに相談すれば、専門家の適切な答えをお伝えし、心配なことや、配慮すべきことに対し適格な判断を頂けるでしょう。また、「その他の処理で肌にトラブルをおこしてしまった」「痛いのは苦手」というようなことも伝えればそれを前提にお手入れをしてもらえます。

除毛と脱毛の違いとメリット・デメリット

除毛と脱毛の違いやメリットとデメリットについてご紹介していきます。2つの違いを知っておくと、セルフケアにてムダ毛処理を行うとき、状況に応じてどちらを選べば良いのか判断が容易になります。

まずはじめに除毛と脱毛の違いについてご説明します。

・除毛=毛を取り除くこと。
・脱毛=毛が抜けること。毛を取り去ること。

簡単に除毛と脱毛の違いを分けるとこういった意味になります。

2つの言葉の意味から、ムダ毛を一時的に取り除くことができるのが脱毛クリームの特徴であることがわかります。一方で脱毛サロンでの脱毛の施術は毛を取り去る効果だけではなく、毛を抜けさせる効果もあります。除毛クリームは一時的にムダ毛を取り除き、脱毛(光脱毛)では一時的にムダ毛を取り除くだけではなく、毛穴から毛を抜けるよう整えることが可能です。

除毛と脱毛のメリット・デメリット

これまで除毛と脱毛の違いを見てきました。それぞれのメリットとデメリットをこれから確認し、特徴を押さえて、自分に合った方法を考えていきましょう。

除毛のメリット

以下の2つが除毛もメリットになります。

1つ目はコストパフォーマンスが高いことです。やすいものであれば1000円以内で購入することができます。1回あたりの費用を考えるととてもお得です。そして今はたくさんの種類の脱毛クリームが販売されています。リラックス効果の高い香りが配合されたものや、保湿成分が配合されているものなど様々です。肌が弱い人向けのものもあります。自分に合った種類のものを選ぶとよいでしょう。

2つ目は即効性の高さになります。塗って洗い流すだけでムダ毛の処理が完了してしまう脱毛クリーム。思い立ったら簡単に脱毛ができる点は大きな魅力と言っていいでしょう。手軽に安い費用で脱毛したい人におススメです。

脱毛のメリット

脱毛のメリットは大きく分けて3つです。

1つは脱毛が完了すると自己処理が不要になること。ある程度脱毛が進んでいくとほとんど自分で処理をする手間がかかりません。脱毛が完全に終了すれば、面倒なお手入れの負担もなくなり、肌に刺激やストレスを与えることもなくなります。

2つ目は全身脱毛が可能なことです。肌にほとんど刺激を与えることなく、全身のムダ毛を処理することができます。デリケートゾーンや背中などの自分ではお手入れが難しい場所も施術可能です。

3つ目は肌への刺激が少ないことです。脱毛クリームは本当に脱毛しているわけではないので定期的な処理が必要となってきます。繰り返し脱毛クリームを肌に塗布するので完全に脱毛したほうが肌への負担はかからなくなるでしょう。

除毛のデメリット

以下の2つが除毛クリームのデメリットになります。

1つ目は、除毛できない部分があることです。例えばデリケートゾーンや顔などの部分は皮膚が薄く敏感なため除毛が難しいです。そして背中や首などのご自身で確認しにくい部位はムラができる可能性があるため、やめておいたほうがいいでしょう。

2つ目は肌荒れの恐れがあることです。毛の主成分であるタンパク質を溶かす成分が配合されている除毛クリームは、効果が高いかわりに皮膚の表面も溶かしてしまう可能性があります。ですので、肌が荒れやすい人や敏感肌の人は避けたほうがいいかもしれません。最悪の場合、皮膚科などで治療を受ける必要が出てくることも。

脱毛のデメリット

もちろん脱毛にもデメリットは存在します。1つは実際にサロンに通う必要が出てくるという点です。最低でも4~6回、施術を受ける必要があります。回数を重ねるごとに通うのが面倒になる人もいると思います。また生理中や体調によっては施術を受けられない場合もあるのでそういった時はもちろんスケジュールを調整する必要があります。

2つ目は費用が高いということです。サロンで脱毛を行うと、部位にもよりますが1か所の脱毛を完了させるのに4~5万ほど料金がかかります。1000円程度で脱毛クリームが買えることを考えるとかなり高額に感じますよね。一時的な脱毛クリームと料金を比較することは少し難しいかもしれませんが、脱毛したい場所が多い人やVIOラインを脱毛したい人はそれなりの予算を準備しないといけません。

脱毛クリームの仕組みや効果まとめ

脱毛クリーム

以上が脱毛クリームを利用することのメリット、デメリットの解説です。結果的に値段はとてもリーズナブルではありますが、永久に持続しないので、サロンでの脱毛をお勧めしています。メンズ脱毛も最近人気なので、ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。

大阪メンズ専門脱毛エステ【MENTE・メンテ】

スタッフは男性のみ。男性のためだけの隠れ家高級サロン「MENTE・メンテ」。男に磨きをかける、脱毛やヘッドスパ、フェイシャルや痩身、アイブロウまで幅広くご用意しております。プロフェッショナルが提供する極上の時間をお楽しみください。脱毛やエステに興味がある方は下記バナーをチェックお願いします。

閉じる